最適な組織編成は適所適材と上下の組合せから

育成分析

将来の幹部を育てる・・・一方的な育て方になっていませんか?

「人材育成」こそが、企業経営の最も重要かつ最優先の課題です。

業績をあげるためには、人が育っていなければ実現できません。
「人を育てて、業績をあげる」ことが本来の姿です。


そんなこと言われなくてもわかっている!
だけど・・・なんでわかってくれないんだ、なんでできないんだ・・・
我慢が限界にきて、相当なストレスになってしまいます。


では、そもそも、
人はどうしたら「育つ」のでしょう?
そもそも「育てる」とはどういうことなのでしょう?

植物にも様々な種類があり、その種類によって育て方が違うように、人にも様々な価値観や特性があります。

ひとりひとりの「個」を見極め、認め、尊重し、「個」を活かすことが育てるということです。



「個」を活かすためには、「個」に適した環境が必要です。

組織でいえば、環境とは「仕事」「上司」です。

また、環境が整えば、育つための栄養が必要です。

組織でいえば、「支援」や「指導」です。



これまで多くの組織開発と運営のコンサルティングに携わり、組織における「個」の力を発揮させるためのノウハウを構築できました。

新入社員の育成から、中堅社員、幹部社員の育成まで、活用することができます。


育成分析の内容と申込方法

育成分析からわかること

  1. 先天的な個性
  2. 育成のポイント
  3. 現在のコンディション(今必要な支援方法)

申込方法

  1. 左記「お問い合わせ」より申込者の名前、連絡先を連絡下さい。
  2. 2~3日後に必要事項を返信します。

分析費用
ひとり3,240円(税込)

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional